ドラッグストアの薬剤師の求人

ドラッグストアで採用された

薬剤師の経験を活かして仕事をしたい | ドラッグストアで採用された | 今後の方針に少し困惑している

ただ院外処方の分野で働きたい、働くことに際して知識がどの程度必要なのか経験として求められることは何かがよく分からない点もあって多少は不安を感じたものです。
薬剤師であることを告げて履歴書の送付と応募したい旨を告げるとすぐに面接の連絡が届き、びっくりです。
こんなに早く面接に臨むことになるとは正直なところ思いませんでした。
後から聞いた話しですが、この近隣ではこのドラッグストア以外でも競合するドラッグストアがあり、特に病床が200を超えるような大病院の近隣では競い合うようにドラッグストアや調剤薬局いわゆる門前薬局ですね、こうしたところが軒を連ねてしのぎを削っている状況とのことです。
つまり薬剤師不足はそのまま経営の悪化に繋がるという認識を経営者側がしっかりと持っていることの証左だと感じたことがあります。
こうした情報を基に面接に臨みました。
面接では勤務時間の希望や希望する勤務箇所つまりドラッグストアの店舗ですが、それについて聞かれたぐらいでその他には今までの経験してきた事柄などを話してすぐに面接は終了しました。
その日のうちに採用したいという電話がありすぐに勤務に入ることになりましたが、院内処方の経験では診療が終わり始めたら患者さんが次々に処方を求め、午後になってもなかなか終わらなくて体力勝負でした。

| アルカ調剤薬局